スポンサーリンク

メルカリで多肉植物120カット苗セット(プラグトレー)を購入!中身をレビュー!

このページでは、メルカリで大人気の激アツ「多肉植物プラグトレー120カット苗セット」(小さなカット苗を種まき用の小さなマス目のトレーにのせて宅急便コンパクトやゆうパケットプラスなどで配達する商品)を購入して、中身や種類、価格やコスパなどをレビューしています。

※注意 購入日は2019年5月ですが、記事は2020年2月に書いています。

初めてプラグトレーカット苗を購入

5月も29日になり日に日に暑くなってきた矢先、メルカリで多肉植物のプラグトレー付きカット苗セットを購入してしまった。プラグトレーセットはいっぺんに100以上の苗が手に入る大きな買い物色々な多肉植物を栽培したい人にはもってこいだが、同時に量の多さやお世話の大変さなどで持てあましたり、最悪枯らしてしまったりするリスクもある。多肉植物栽培歴も10ヶ月になる今から考えると、多肉植物と出会ってまだ1ヶ月ほどで購入するなんていささか無謀だったなと思い返す。

しかし当時、セダムに少々飽きてきた私は肉厚な真の意味での「多肉植物」を試したかった。そしてとにかく一気に何十という色々な種類を栽培したかった。そう考え、色々な多肉植物をバランスよく試すにはプラグトレータイプしかなかった

購入したのはやはり「メルカリ」。もうすでに多肉植物の取引が膨大な数にのぼっていた中で、プラグトレー式の出品者はまだ1人、2人くらいしかなかった。出品者の1人はもうすでにかなりフォロワーがいて人気商品になっており、出品から数分で売り切れるという状態だった。当時まだフリマウォッチアプリ(メルカリなどの出品をお知らせしてくれるアプリ)などがあると知らなかった私は、そんな人気商品は手に入れられなかった。

実際に購入したのはプラグトレー式の出品者の2人目のHさん、その方のプラグトレー式の初めての出品ということで、あまり争わずに買うことができた。価格は2200円程度。クロネコヤマトの宅急便コンパクトの送料400円程度も込みになっていた。一人目の人気の出品者は3580円で出していたので、比較すればかなりお得だったと思う。

Hさんのプラグトレー式のカット苗セットを購入した理由は、

  • その中で他と比較して品種が偏りがなく、苗の重複が少なかった
  • プラグトレーのマス目が小さすぎずカット苗が比較的大きく育てやすそうだった
  • 万一失敗しても酷く痛くはない2000円台だったこと

カット苗セットの内容をレビュー!

同じ九州内だったので購入して翌日にはもう届いた。箱を開けるときはドキドキして宝箱を開けるときみたいだった。


まず箱を開くとメッセージとおまけがティッシュにセットされていた。おまけでも結構レアなものも入っている。


ドルフィンネックレス、ペンデンス、ルビーネックレスなど。


そしてティッシュをそっと取り払うと、メルカリの商品ページの写真と同じ多肉植物が顔を出した。マス目は横に11、縦に9で99マスある。ものによっては1マスに2~3本はいっていることもあり、合計では120カット以上の多肉植物が詰め込まれている。すごい量だ。

カット苗のセット内容は名前付きではなかったので、ほとんど分からなかった。知っているものから推測して、「熊童子、月兎耳、グリーンネックレス、セダム類、ルビーネックレス、ドルフィンネックレス、子持ちレンゲ、虹の玉、ブロンズ姫」ぐらい・・・まだまだ種類の知識もあまりなかったのでなに属かさえも判らないものも結構、というか大半だった。一番左の一番上のマスの植物など3ヶ月以上名前も属名も見当が付かなかった。

当時の自分に教えてあげたいくらい。このページを閲覧している方の中にも、小さなカット苗の名前が分からなくて困っている人が少なくないと思う。そのためこのプラグトレー式セットの名前を全部ピックアップしてみたい。箱の左から右へ、上から下への順に。

1行目 福娘、姫秋麗、リトルミッシー、不明、ハムシー、不明、姫秋麗、ロゲルシー、若緑、火祭り系、グリーンネックレス
2行目 斑入りグリーンネックレス、月下美人、八千代、レモータ、ヒスパニック、碧魚連、チョコレートソルジャー、桜吹雪、子持ち蓮華、桃色カリシア、ヒスパニック
3行目 ウェルデルマニー、姫秋麗、七福神、丸葉万年草、ヒスパニック、薄氷、フミリス、セダム不明、ブロウメアナ、不明、不明
4行目 月兎耳、姫秋麗、斑入りタイトゴメ、レティジア、マジョール、不明、セダム不明、雅楽の舞、サンバースト、オーロラ、ペンデンス
5行目 不明、ミセバヤ、ダシフィルム、もみじ祭り、虹の玉、パープルディライト、ペンデンス、ブロンズ姫、熊童子、不明、姫秋麗
6行目 赫麗、不明、ベビーサンローズ、虹の玉、不明、ブルービーン、だるま秋麗、乙女心、子持ち蓮華、銘月、レモータ
7行目 不明、ミモザか?、マジョール、白雪ミセバヤ、月美人、不明、春萌、デビー、覆輪丸葉万年草、不明、不明
8行目 ビアホップ、不明、黄麗、星の王子、センペルビブム、ルペストリス、ミモザ?、ビアホップ、不明、不明、美空の鉾
9行目 セダム不明、不明、秋麗、ヒスパニック、ツメレンゲ?、不明、オーロラ、不明、不明、秋麗、赫蓮

なんとも不明が多くて申し訳ない。

この出品者さんのセットは重複がほとんどないことがわかる。そして様々な属の苗を入れてくれている。他の出品者さんでは同じ種類をたくさん(例えば虹の玉を10マスなど)入れていたりして、色はきれいだけど、同じのばかりはいっているということなりがち。

しかしよくない点もあった。それはカットが結構いい加減で切り口がギザギサしている。根が出るところがないほど茎が短いものがある。下葉の状態がよくなく溶けていたり、深い傷がついていたりするものもある。結構重要なことで、実際その後腐って枯れてしまったものが10ほど出てしまった。

カット苗はどう管理したら良い?

膨大な数のカット苗が手に入ったが、次に管理はどうしたらよいのだろうか?一般的には多肉植物はカット後数日断面を乾かして乾いた土に挿して発根を待ち、それから水やりをはじめる、ということになっている。

乾いた土に挿せば良いのか、濡れていた方が良いのか、セダムとセダム以外の多肉植物では扱い方が違うらしい・・どうしたらよいだろう、と思った。しばらく考えて、出品して自らも栽培している出品者さんに聞けばよいのではないか?という結論になった。そこで勇気を出してメルカリの取引メッセージでカット苗の管理方法を聞いてみた。

すると「カット後はすぐ土に挿すのではなく、百均などにあるバーベキュー用の網などにカット苗を挿しておいて、根が出てきたら土に植えて水をやっています」という返信が来た。そこで金網を探したが家にはなかったので、送ってきたプラグトレーにそのままさしておくことにした。またセダムはすぐ湿った土に植えた方が良いのが判っていたので、すぐにセダムだけ取り出して水やりした土に植えた。

セダムも多肉植物も発根を待つため、到着してからすぐ下葉をもぎとった。そして管理しやすくするため一度全部の苗を抜き取って、それか似ている種類ごとに並べ直した。


下葉をもぎとったセダム


セダムはすぐに湿った土に植える(植木鉢は2Lのペットボトルで作った容器)


このようなケーキなどの透明容器にも植えられる


植えるのには10本以上の2Lペットボトルが必要(1本に8本ずつ植えるとして)


セダム以外が残った


例外的に、グリーンネックレス、ドルフィンネックレスなどセネシオ系はすぐに湿った土に挿す(鉢は肉のトレー)

根が出てから植えるまで

セルトレーに挿したままにしておいたら、数日で発根するものが出てきた。夏場だったから成長が早い。

発根の例(到着からわずか7日目)


カランコエ「赫蓮」

セダム「虹の玉」

不明種


発根しないものは窓辺で管理する(今回のプラグトレー式と無関係な苗も写っている)


根が出たら土に植えて水やりをする。そしてしばらくは室内で管理、それから1週間程度たったら外の日陰で管理する。


気温があまり高すぎず、低すぎず、ちょうど良かったためか、わずか15日程度で外に出せるほど根が伸びた。


到着からおよそ1ヶ月後、すっかり定着して成長している。(6月22日)


セダムは成長が早い


ネックレス系の根の出かた

その後の生育状況(2ヶ月目~6ヶ月間)

カット苗の購入が5月29日、その後の半年間の成長過程を追ってみたい。


1ヶ月後の写真


2ヶ月後の写真


3ヶ月後の写真


4ヶ月後の写真


5ヶ月後の写真

その後はペットボトルを卒業して鉢上げした(栽培用ではなく観賞用の正式な鉢に移植)

極小のカット苗は運良く手に入れても、その後枯らしてしまうことも多い。最初は小さくてどうしたらよい川からくなってしまうことも多々あると思うが、成長したら立派な苗になるのでぜひがんばって大きくしてほしい。

コメント