スポンサーリンク

多肉植物の植え替え方法

植え替えとは、なぜ必要か?

多肉植物の植え替え
植え替えとは、鉢植えにしている植物に定期的に行うメンテナンス作業のこと。鉢に植えている植物は地植えの植物と異なり、土に限りがあって根が一杯になってしまったり肥料を使い果たしてしまったり、空気が通らなくなってしまったりと土の劣化が起こる。それを取り除いて元気に生育させてあげるのが「植え替え」作業。

植え替えの目的

  • 根詰まりを防ぐ
  • 水はけや通気性をよくする
  • 微量要素や肥料を追加する

多肉植物も元気に育てるためには定期的な植え替えが必要で、小さい鉢なら1年に1回、大きい鉢は2年に1回必要になる。やり方の基本は普通の植物と同じで特別何か必要ということはない。日々の栽培に加えて1年に1回行う「植え替え」についても詳しくみていこう。

また多肉植物を育てていると時に株が腐ったり根腐れすることがある。そんな場合の緊急の植え替えについてもチェックしよう。

植え替えのタイミングと時期

生育期に入る前
多肉植物には生育の旺盛な時期である生育期がある。植え替え作業は株に負担をかけるので休眠期には行わず、生育期の少し前か始まった頃に行う。このタイミングで植え替えすることで、生育期の成長がよくなる。

基本的には

  • 春秋型は3~4月、9~10月頃
  • 冬型は9~11月頃
  • 夏型は4~5月頃

に行うのが目安となる。
じめじめした梅雨時、真夏や真冬の暑さ寒さが厳しいときは控える。

植え替えのサインが出た時
また株が植え替えを必要としているサインが出た場合もなるべく生育期内に植え替えをしてやる。そのサインとは、鉢底から根が出てきてしまった、下の方の葉がカサカサして枯れてくる、苗が鉢いっぱいに成長してしまった、葉が小さくなってきたなど。

株が腐ってきた時
しかし上の2つは株が元気なときの通常の作業の場合で、下葉が腐ってきた、根腐れを起こしているなどの緊急性が高い場合は適期を待たずに直ちに植え替え作業をする。

植え替え時に大切なポイント

  • 時期を守る
  • 水やりを控えておく
  • 清潔な土と道具を使う
  • 半日陰で管理
  • 根や茎をカットしたら原則乾かす

時期を守る
通常植え替えはその多肉植物の生育期の少し前頃に行う。こうすることで生育期の育ちが良くなる。植え替え作業は株に負担をかけるので休眠期には行わない。

水やりを控えておく
土が湿っていると根に重みがかかり、根が切れたり痛んだりしてしまう。そのため作業する前の7日程度は水をやらない断水をする。

清潔な土と道具を使う
根や茎をカットする際は切り口から病原菌が入るのを防ぐため、ハサミやピンセットなどを火であぶって殺菌しておく。また病害虫が発生しないようにするため土は新品や殺菌済みなどの清潔なもの、雑草の種などが入っていないものを使う。

半日陰で管理
植え替え後は株に負担がかかっているのですぐ日なたに出したりせず、1週間程度は半日陰で管理する。

根や茎をカットしたら原則乾かす
多肉植物の根や茎をカットした場合は、一部例外があるものの基本はすぐ土に挿さないで切り口を乾かす。これは茎や根の切り口から細菌が入ったり腐ったりするのを避けるため。

植え替えの方法(通常)

①植え替えの準備をする

根へのダメージを小さくするため、前1週間ほどは水やりをせず土を乾かしておく。

用意するものの例

  • 元の鉢か一回り大きな鉢
  • スコップ
  • スプーン
  • 鉢底網
  • ハサミ
  • カッター
  • 殺菌剤
  • 鉢底石
  • 通常の土
  • ピンセット

②鉢から株を抜き取る

ハオルシアの植え替え
鉢から株を抜き出す。なかなか抜けない場合は無理に引っ張らず、プラ鉢であれば側面をもんだり、陶器の鉢であればゴムのハンマーなどで軽く周囲を叩いたりする。また成長しすぎて根が鉢底穴からはみ出している場合は、その部分は切り捨てるしかない。

③古い根を整理する

ハオルシアの植え替え
根鉢(抜いた苗と土が塊になっているもの)を丁寧にもみほぐすようにし少しずつ土を落としていく。根の整理と同時に枯れた下葉や傷んだ葉も取り除いておく。

エケベリアなど
細い根タイプ
ここでエケベリアなど細いひげのような根が生えているタイプは根を半分ほど切り落とす。茶色の根はすでに役目を終えているので外す。引っ張るとすぐとれる根は枯れている。白くて元気な根は大切にする。この作業で根を切るので、切り口を乾かすためにすぐ植え付けず3~4日乾燥させる。

※細根タイプとはエケベリア、アエオニウム、センペルビウム、セダム、パキフィツム、カランコエ、コチレドン、セネシオの一部など

セネシオなど
太い根タイプ
ここでセネシオやアロエなど、根が太くてひげのような根がほとんどないタイプは、根が取れやすくまた切れ口から腐ることがあるのでやたらと切らないようにする。茶色い根で触るとふわふわしているものは枯れているので丁寧に取り除く。根が乾燥が苦手な太根タイプはエケベリアなどと異なり、すぐに植え付ける。

※太根タイプとはアロエ、ガステリア、ハオルシアの一部、アガベ、カランコエの一部、セネシオの一部など

④病害虫をチェックする

植え替え時には、根ジラミなどの病害虫を同時にチェックするとよい。

エケベリアの根ジラミ
リトープスのカビ
ハオルシアの害虫

左からエケベリアの根ジラミ、リトープスのカビ、ハオルシアの害虫

⑤植え付ける

ハオルシアの植え替え
鉢底網をしいてその上に水はけを良くするため鉢底石を敷く。その上に通常の親株用の土をいれて株を植え付ける。このとき肥料も混ぜ込んでおくと元肥(もとごえ)となる。なお大きくさせたくない時は、根を整理したあと植え替え前と同じ鉢に植える。

⑤水やりをする

セネシオなど太い根で乾きに弱いタイプはすぐに水をやる。それ以外のエケベリアなどのタイプは植え替えの4~5日後から水やりする。植え替え後1週間程度は直射日光の当たらない半日陰で休ませる。

根腐れ時など

ラウイが腐る
ラウイが腐る
ラウイが腐る

根腐れしたエケベリア(ラウイ)
ここまでくると助からない

根腐れしてきた、株が傷んでいる、下葉が腐り始めているなどの緊急時は、植え替えに不適切な時期でもすぐに植え替える。

株を抜き取る

通常と同じ手順で株を抜き取る。

傷んだ葉や根を取り除く

下葉が腐っている場合
腐っている葉を取り除く。どろどろしている所は丁寧に全部取り除く。このとき同時に根も半分ほど切り落とし古い根を整理する。

根腐れしている場合
根が腐っている場合は、腐って茶色くふわふわしているところは全部切り取る。白い根は生きているので取らないよう気をつける。

殺菌剤を塗って乾かす

下葉が腐った場合は、その後腐った葉を取り除いた部分に殺菌剤(トップジンMやオーソサイドなど)を塗っておく。根腐れの場合は殺菌剤は塗らない。

植え付ける

下葉が腐った場合は、殺菌剤をつけたまま1週間程度乾かしてから、乾いた用土に植え付けてさらに1週間程度日陰で管理する。
根腐れの場合は、そのまま乾いた用土の上に植え付け、明るい日陰で管理する。

水を与える

下葉が腐った場合は、植え付け後1週間たってから1回目の水を与える。
根腐れの場合は、植え付け後4~5日後から水やりを始める。

※茎と根が両方傷んでいる場合は切り落とし、健康な部分を挿し穂として挿し木で復活させるが、復活できないこともある。

コメント