スポンサーリンク

多肉植物ワールドの種子ってどう?購入して蒔いてみた

普通の多肉植物からコーデックス、メセン類、様々な種類の多肉植物の種子を販売している「多肉植物ワールド」。どのような種類を取り扱っているのか、種子の質はどうなのか実際に蒔いて栽培し、注意点などについて解説しています。

多肉植物ワールドとは

多肉植物ワールド
多肉植物ワールドの公式サイトはこちら

多肉植物ワールドは、多肉植物の種子を専門に通販で販売しているお店です。

ヤフーショッピングでは多肉植物の種子を販売しているお店が複数ありますが、その中で群を抜いて取り扱い種類が多いです。その数は3,350件、数量違いのパッケージで同じ種が複数カウントされていますが、それを考慮しても充分に多い数です。

管理人もよくここで買っていますが、欲しいと思った種子は大抵取り扱いがあります。

取り扱いの種類

それでは取り扱いの種類について詳しく見ていきましょう。※商品件数や種類は時期によって異なり、この表は2022年11月時点のものです。

画像出典:多肉植物ワールド

区分 主な属
多肉植物(一般) 約1,360件 アエオニウム、アガベ、アルブカ、ガステリア、セダム、セネキオ、パキフィツム、ハオルチア、ユーフォルビア、他多数
メセン類 470件 ギバエウム、アロイノプシス、コノフィツム、リトープス、チタノプシス、プレイオスピロス、フォーカリア、モニラリア、ラピダリア、他多数
コーデックス 120件 アデニウム、オトンナ、シンニンギア、パキポディウム、ペラルゴニウム、その他のコーデックス
ビカクシダ 16件 リドレイ、コロナリウム、スーパーバム、ビフルカツムなど
サボテン 860件 アストロフィツム、アリオカルプス、エキノカクタス、エピテランサ、エリオシケ、ギムノカリキウム、コピアポア、ノトカクタス、パロディア、フライレア、マミラリア、メロカクタス、ロホホラ、ロビビア・エキノプシス、他多数
その他 130件 ボウィエア、オーニソガラム、ディッキア、フリチア、アストロロバ、他多数
ヤシ・ソテツ 80件

画像出典:多肉植物ワールド

1種だけの商品ばかりではなく、Mix種子(リトープスミックスなど)もあります。

人気の種類ほど商品数も多く、例えばリトープスは149件も商品があります。同じ種類でも20粒、50粒、100粒など粒数が色々あり選べます。またアルビニカ、曲玉のような1種類の種子もあり、またCナンバーがついたものなども選べます。

購入レビュー

それでは実際に購入した時の様子を紹介します。

※配送方法はネコポス(250円)、クリックポスト(250円)、第四種郵便(100円)の3つから選べますが、以下で紹介するのはネコポスで購入した場合です。

多肉植物ワールドのレビュー

まず種子はこのような箱に入って届きました。(第四種郵便の場合は、封筒で届きます。)

多肉植物ワールドのレビュー

開封してみると種袋はプチプチにくるまれていました。

多肉植物ワールドのレビュー
こんな感じで種は紙に包まれ、濡れないようジップ袋に入っています。

多肉植物ワールドのレビュー
種は小さいものが多いので開封時には注意が必要です。

多肉植物ワールドのレビュー
包みを開くとこんな感じで種が入っています。

コノフィツム mix種子

蒔く時は小さな皿などに出して先を少し濡らした爪楊枝で蒔いていきます。

多肉植物ワールドの発送速度は注文日の翌日~2日程度です。購入到着までの日数はネコポスの場合は関東から発送のため、通常のネコポスの速度(東北・九州は翌々日、関東・関西圏は翌日程度)でとても早いです。

第四種郵便の場合は配達日が減少し平日のみになったため、発送日から早くて4日、遅いと1週間かかるのが実情です。またクリックポストは土日祝日も配達がありますが、ネコポスよりは遅く、3~4日程度かかります。

多肉植物ワールドの公式サイトはこちら

種を蒔いてみた

管理人が購入した中でも、皆さんの中で人気のある3つの種類の種を実際に蒔いて発芽状況を調べました。

リトープス

多肉植物ワールドの種子

リトープス「黄鳴弦玉」(20粒)

多肉植物ワールドの種子

リトープスMix(50粒)

今回購入したのは、リトープスMixと黄鳴弦玉という黄色いリトープスの種です。種の個数は実際の所、かなり多く入っていました。

リトープスMixはまだ蒔いていませんが、黄鳴弦玉を先に蒔いてみました。

  • 2022/10/22 32個蒔きました。
  • 2022/10/28 6日目で8個発芽しました。
  • 2022/10/31 9日目で19個発芽しました。
  • 2022/11/3 12日目で24個が発芽しました。2週間かからず75%の発芽でかなり良い手応えです。

続く

2022/10/31の写真です。

ラピダリア

ラピダリア「魔玉」は1属1種の珍しいメセンです。
ラピダリアの種子

ラピダリア「魔玉」(20粒)

種の個数は実際の所、かなり多く入っていました。

  • 2022/10/16 32粒種まきしました。
  • 2022/10/20 4日目に3個発芽しました。
  • 2022/10/24 8日目で合計22個発芽しました。
  • 2022/10/28 12日目で合計28個発芽しました。
  • 2022/10/31 15日目で合計30個発芽しました。
  • 2022/11/3 18日目で31個が発芽しました。発芽も早く発芽率は97%と非常に良いです。

2022/10/31の写真です。

モニラリア

モニラリアは育てていくとウサギの耳のような姿になり、かわいいと人気の種類です。

モニラリア実生の種

モニラリア「モニリフォルミス」(20粒)

種の個数は実際の所、かなり多く入っていました。

  • 2022/10/22 16粒蒔きました。
  • 2022/10/25 3日目で4つ発芽しました。
  • 2022/10/28 合計10個発芽しました。とても早いですね。
  • 2022/10/31 合計15個発芽しました。たった10日間でほぼ全てが発芽し、発芽率も94%と非常に良いです。

2022/10/31の写真です。

多肉植物ワールドで購入する時の注意点

多肉植物ワールドで種を購入するときの注意点を3つ紹介します。

補償のない配送方法も

多肉植物ワールドでは補償のない配送方法もあります。

  • クリックポスト(250円)
  • ネコポス(250円)
  • 第四種郵便(100円)

の3つから選ぶことができますが、クリックポストと第四種郵便は紛失・破損時の補償がありません。ネコポスは補償がありますが、3,000円までとなっています。

また送料は3,000円未満では上記の送料がかかりますが、3,000円以上の購入で無料になります。補償もあり早く届くネコポスがおすすめです。(かつては2,000円以上で送料無料になりましたが、2022年11月から3,000円以上と改訂されました。)

クリックポストは補償はないものの追跡ができ、土日祝日も配達があります。

いっぽう第四種郵便は100円と安いですが、とにかく到着まで時間がかかるという点と補償がない点を考慮すると、合計代金が高くなった場合に心配です。第四種郵便は1種類だけ購入する、急いでいないなどでクリックポストやネコポスの送料が高く付いてしまう時に重宝します。

管理人は数限りなく第四種郵便を使ってきましたが、遅延は度々ですが不着・破損は一度もありませんでした。

購入する時期を考慮する

真夏・厳冬時には種の購入は避けた方が安全です。

種子といえども生き物なので、冬場凍結したり真夏に灼熱下の郵便ポストに長い間置かれていると死んでしまいます。そのため、苗の購入時期と同じように春秋の冷涼~温暖な時期に買うのが安心です。

鮮度が重要な種類も

種の種類によっては鮮度が大切なものもあります。

パキポディウムなどがその例で、鮮度が下がると発芽率が劇的に下がってしまうものです。

そのような種類はあらかじめ調べておいて、蒔く直前に買ったほうがよいです。季節外れで在庫があったとしても、蒔き時に買う新鮮な種には発芽率が叶わないため、ストックは考えないほうがよいです。

逆にリトープスやコノフィツムのように冷蔵して寝かせていると発芽がうまくいきやすい種類もあるので、そのような種類は春や秋に買っておき、自宅の冷蔵庫で保管しておきましょう。

多肉植物ワールドの公式サイトはこちら

実生(種まき)
スポンサーリンク
れのみをフォローする
~多肉ちゃんこんにちは~多肉植物の育て方サイト

コメント