スポンサーリンク

GREENSINDOOR 植物育成ライト(400W)をレビュー!600Wとの比較も

Amazonで販売されている、「GREENSINDOOR 植物育成ライト LED 400W相当」を実際に購入して明るさや使いやすさをレビューしています。また、同社の600W相当タイプとの比較も行っています。

おおまかなスペック(機能)は?

GREENSINDOOR 植物育成ライト LED 400W相当
GREENSINDOOR 植物育成ライト LED 400WAmazonでの画像
GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W実際の写真
実勢価格 2,800~3,500円程度(変動あり)
スペック(機能)
パワー(明るさ相当) 400W
実測の光の強さ ※1 20cm下 18,500 lx
30cm下 10,300 lx
60cm下  3,600 lx
100cm下 1,600 lx
実測消費電力 36W
電気代 月267円(1日8時間の場合)
光の種類 450~660nm
調光 なし
タイマー なし
アームの長さ(高さ)
設置方法 つり下げ
コードの長さ 47cm
使用感
使いやすさ やや使いやすい
照射範囲 広い
明るさ 明るい
光の色 赤みがかった色
発熱 少しあり
安定性 設置する場所を選ぶ
静音性 電源オン時に小さい高い音がする
総合評価 ★★★ 3.5点
詳細 比較ページへ
Amazon

※1 スマホ簡易計測ではなく、照度計での実測値です。

GREENSINDOOR 植物育成ライト LED 400W
GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W

購入レビュー

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
Amazonで注文し、3日程度で届きました。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
大きさは600W相当のものとほぼ同じです。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
電源コードの長さは47cmであること、またオンオフのスイッチがないので、実用上では別途スイッチ付き延長ケーブル(700円程度)を購入する必要があります。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
吊り具と本体を接続します。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
これが本体です。本体サイズは正方形で30cm×30cm、厚みは約7mmです。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
厚みは7mm、周囲は怪我防止に黒いクッション材でカバーされています。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
入力は85~265Vまで対応、50/60Hz対応で西日本・東日本どちらでも使えます。PSEマーク付きです。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
ライトは225個、並び方は上の通りです。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
実測の消費電力は36Wでメーカー説明と同じでした。

機能・感想を詳しく解説

明るさ・光の色

実測の光の強さ ※1
20cm下 18,500 lx
30cm下 10,300 lx
60cm下 3,600 lx
100cm下 1,600 l

明るさは上の表のようになっています。(※1 スマホでの簡易計測ではなく、照度計での実測値です。)

光の波長はフルスペクトルではなく、450nm~660nmに対応しており、赤と青の成分を含んでいます。青のライトは、葉の成長に必要で、赤のライトは開花や光合成に必要な波長です。

最近ではフルスペクトルで380~760nmの可視光線全てをカバーするものが多いですが、このライトは青と赤のライトをカバーします。

光の色はやや赤色が強く、デスクの隣などに置くとやや気になる色です。慣れてしまえば気にならなくなるかもしれません。

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
600W相当のほうと、こちらと光の色味の比較です。左が600W相当のほう、右が400W相当(このページの分)です。

それより気になるのは、コントローラーから出る高周波数のノイズです。

アマゾンのレビューでも指摘されていましたが、点灯時はかなり小さい音ですがジージーと鳴っており、長く聞いていると頭痛がしてきます。かなり高い音で、もしかすると高齢の方には聞こえない音かもしれません。

吊り下げ式でロープの長さを調節することで必要な距離に合わせて設置することができます。

説明書によれば、発芽期間は60cm~80cm離し、開花期は45~60cm離し、結果時期は35~45cm離して設置するとありますが、多肉植物では、種類に応じてハオルチアはかなり遠く、エケベリアやグラプトペタルムは中くらい、強い日差しを求める種類は近めに設置すると良いと思います。

機能と使いやすさ

このライトは電源オンオフのスイッチがなく電源の抜き差しで使う必要があります。またコードの長さが47cm程度しかないため、延長ケーブル(できればスイッチ付き)が必須になります。

この手の商品は多機能である必要はないのですが、できれば電源スイッチは付けておいて欲しかったですね。

安定性や発熱など

このライトは吊りタイプで、4隅から金属製のワイヤーを通してつり下げます。つり下げる長さは付属の黒い布製のロープで調節できます。

点灯中は本体が少し熱くなりますが、触れないほどではありません。発光面から20cm程度の距離に手をかざしてみると、熱さが感じられます。多肉植物から30cm程度離せば問題ないと思います。

また防水性はなく、雨に濡れる戸外や湿気ているところでは使えませんので注意が必要です。

消費電力と電気代の試算

実測の消費電力は36Wです。

1段階 36W

調光がないため、消費電力は36Wのみです。

電気代の試算(1日8時間の場合)※3
段階 消費電力 1日 1ヶ月
1段階 36W 8.6円 267円

※3 1kWh 30円で試算しています。調光が無いため、消費電力はこの表1通りとなります。

最大消費電力が36Wなので、1日8時間付けると1日8.6円、1ヶ月(30日間)267円です。

600W相当との違い

600W相当(→解説ページ)主な違いは以下の通りになります。

600W相当 400W(この商品)
GREENSINDOOR LED植物育成ライト UV/IR LED 1000W相当 GREENSINDOOR 植物育成ライト LED 400W
波長 フルスペクトル
(380~760nm)
+紫外線と赤外線を含む
赤と青のみ
(460-465nm、620-740nm)
明るさ 600W相当 400W相当
30cm下での明るさ 19,000 lx 10,300 lx
消費電力 66W 36W
白っぽい 赤っぽい
コードの長さ 165cm 47cm
価格※2 2,800~3,500円 4,500~5,300円

※2 価格は変動します。

メリットとデメリットまとめ

メリット

  • セール時には2,800円程度で買えて助かる
  • 1台で簡易ビニール温室の1段分がしっかりカバーできる
  • 軽いので工夫次第でどこでも設置できる
  • パネル型でまんべんなく隅々まで照らせる
  • 消費電力は36Wと白熱球の半分程度で節電できる
デメリット

  • ノイズが気になる
  • 電源スイッチ、光の強さの調節やタイマー機能がない
  • 光の波長がフルスペクトル対応ではない
  • デスクの横などに置くと色味がやや気になる
  • コードが短いので別途延長ケーブルが必要

多肉植物の栽培に向いているか?

600W相当のは高いのがネックです。最安でも1台4,500円はかかります。しかしこちらならセール時に2枚5,300円程度で買えるので、できるだけ多く設置したい時に向いています。

簡易ビニール温室に設置するなら1段に1枚が充分に照らせます。30cm下で1万ルクスの明るさがあるので、エケベリアやサボテンなども徒長せずにしっかり光合成できそうです。

ただスイッチがないのとコードが短い点が使用上は残念ですね。ノイズに関しては気になり具合が人によって異なると思いますが、気になる方は気になると思います。

それでもスタンド式のものよりかなり明るく、また照射にムラがなく総合的にはよいライトだと思います。

Amazonで見る

使用事例を写真で紹介

管理人は同社の600W相当のほうをメイン使いしていますが、こちらの400W相当も気になったので購入してみました。そして実際にどのような設置の方法が考えられるか、試してみましたので紹介します。

まず付属のチェーンを使った場合、下のようになります。
GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
チェーンは真ん中のつまみを調節することで、若干高さを上げ下げできます。

次にビニール紐をつけてチェーンを短くして、簡易ビニール温室の中に吊せるようにしました。
GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W

このように吊して電源をオンにします。
GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
ちょっと近すぎる印象です。

簡易ビニール温室の一番上の段に吊してみました。
GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W
これなら長さもちょうど良いようです。

最上段に吊す場合は、簡易ビニール温室に付属していた棒ではなく、必ず支柱などのしっかりした棒を固定し、それに吊すようにしてください。(簡易ビニール温室付属の細い棒は、重さが耐えきれず曲がってしまいます。)

GREENSINDOOR 植物育成ライトLED 400W

工夫次第で色々な使い方ができそうですね。

同社の600W相当のライトについてはこちらで解説しています。

GREENSINDOOR LED植物育成ライトのレビュー!明るさや多肉植物への使いやすさは?
Amazonで販売されている、「GREENSINDOOR LED植物育成ライト UV/IR LED 600W相当」を実際...

コメント