こちらから文字サイズを変更できます
スポンサーリンク

アエオニウム属(Aeonium)の特徴と種類・育て方

アエオニウム属の写真

夕映え夕映え 黒法師黒法師 艶姿艶姿
愛染錦愛染錦 小人の祭り小人の祭り サンバーストサンバースト
姫明鏡(ひめめいきょう)姫明鏡 仙童唱(せんどうしょう)仙童唱(センドウショウ) アエオニウム 不明不明種
アエオニウム 不明不明種

アエオニウム属(Aeonium)の特徴

ベンケイソウ科
属名 アエオニウム属
生育型 冬型
育てやすさ 育てやすい
成長速度 普通
殖やし方 挿し木
原産地 カナリア諸島、マデイラ諸島、モロッコ、東アフリカ

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

アエオニウムはこんな植物
アエオニウム属アエオニウムは冬型の典型的な多肉植物で夏の暑さや多湿環境を嫌う。それでは冬に強いのか?と思ってしまうが冬の極端な寒さにも弱く、室内に取り込む必要がある。原産地はモロッコやカナリア諸島とおだやかな気候(地中海性気候)に生息している。アエオニウムは季節によって真っ黒や緑やクリーム色、紅葉など姿の移り変わりが楽しめる人気の種類たち。夏は生育が止まり休眠状態に入る、秋から冬に育つ。茎を切れば挿し木ができるし、切った親株からも脇芽が出て割と育てやすい。長く育てていると直径が5~25cm、高さが25~100cmになることも。

育て方のコツ

  1. 年間を通して特に6月は通気をよく、雨ざらしは避ける
  2. 休眠期の6~9月は遮光して涼しく過ごさせる
  3. 夏の水やりはごく少量、秋冬春は乾いたらたっぷりと
  4. 冬3℃を切ったら室内か温室に

年間栽培カレンダー

「生育期」は春と秋で、具体的には3~5月と9~11月頃を指す。
夏(7~8月)は休眠期、冬(12~2月)はやや生育が鈍くなる。

季節はおおむね、春は3~5月、夏は6~9月、秋は10~11月、冬は12~2月をさしている。

生育期 3~5月と9~11月
休眠期 7~8月
緩慢な時期 12~2月
水やり
  • 3~5月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 6~9月は表面を濡らす程度を月に1~2回程度
  • 10~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 12~2月は土が半分湿るぐらいを月に1~3回程度
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 4~6月は直射日光の当たる屋外
  • 7~8月は明るい日陰(50%遮光)
  • 9~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~3月は雨の当たらない屋外、3℃以下ならは日当たりの良い窓辺や温室など
植え替え
  • 10~11月か3月頃が最適
殖やす
  • 10~12月、2~4月が適期(気温が下がると発根がよくなる)
肥料
  • 4~5月と9~10月に緩効性肥料を1回程度、または液肥を月1回程度
開花
  • 数年経つと春に黄色い花が咲くことがある

主な種類名

主な種類名

黒法師 (クロホウシ) Aeonium arboreum ‘Zwartkop’
夕映え (ユウバエ) Aeonium ‘KEWEONIUM’
愛染錦 (アイゼンニシキ) Aeonium domesticum f.variegata
艶姿 (アデスガタ) Aeonium undulatum
小人の祭り (コビトノマツリ) Aeonium sedifolium
オーレア Aeonium aurea
サンデルシー Aeonium saundersii
ドドランタリス Aeonium dodrantale
ベロア Aeonium ‘Velour’
まだら黒法師 (マダラクロホウシ) Aeonium arboreum var. rubolineatum
艶日傘 (ツヤヒガサ) Aeonium arboreum ‘Luteovariegatum’
五月雨傘 (サミダレガサ) Aeonium sp.
光源氏 (ヒカルゲンジ) Aeonium percarneum
明鏡 (メイキョウ) Aeonium tabuliforme
姫明鏡(ヒメメイキョウ) 不明
休眠期とは?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なる。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがある。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。

育て方のポイント

アエオニウムは5~20℃で最もよく生育し、日本では春秋冬にあたる。30℃を超す日本の夏には休眠する。暑さが苦手で6月には休眠の準備をすませ7月、8月と休む。9月、気温が下がり始めたら休眠から目を覚まし、再び生育を始める。冬型だか春秋の冷涼な時期(10~4月)は生育を続ける。そして冬型ではあるが耐寒性は弱く0℃を切ったら室内に取り込む必要がある。

水やり

水やり3~5月は土が乾いたら、およそ7日に1回ほど鉢底から流れ出るまでたっぷり水を与える。休眠が近づくため6月からは10日に1回ほどに減らす。

7~8月は休眠期でほとんど水を吸わなくなるので、月に1回にとどめるか断水(一切与えない)。9月から徐々に水やり回数を増やし、10~11月は土が乾いたら、およそ7日に1回程度鉢底から流れ出るまでたっぷり与える。12~2月は生育期ではあるものの寒さが厳しい(5℃以下)と生育が鈍るため、土の乾きを見ながら月1~2回ほど与える。

寒い時期は暖かい朝~昼に水をやり、暑い時期は涼しくなる夕方に水を与える。そうすると蒸れや凍結を予防できる。また夏・冬は水分を控えることで耐寒性・耐暑性が上がる。冬、室内で育てる場合は徒長防止に水を控えめにする。

置き場

置き場基本的に雨ざらしにせず、風通しのよいところで管理する。季節ごとの具体的な置き場所は、3~5月は直射日光のあたる日なたに、6~8月は日差しが強すぎるので遮光するか明るい日陰におく。9月から翌2月までは直射日光の当たるところに置いて大丈夫。

基本は年間通して外で育てるが、氷点下になる日や寒冷地は3℃を下回らないよう、12~2月は室内か温室に取り込む。室内で育てる場合は、直射日光が1日4時間以上当たるところで、エアコンなどの風が当たらない所を選びたい。室内で育てるとどうしても日照不足になり徒長(ヒョロヒョロ)してしまうので、水やりを控え、できれば室温も15℃以下に保ちたい。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越しアエオニウムは涼しい気候が好きな多肉植物なので、夏の暑さ、特に蒸し暑さに弱い。しかし弱いものの暑さが原因で葉が全部落ちてしまったり、腐ったりすることは少なくそれほど夏越しが大変という印象はない。

まず直射日光にやられてしまうのを防ぐため、6~9月は50~70%遮光する。遮光ネットをかけたり直射日光の当たらない明るい日陰に移動させたりする。直射日光下だと30℃も耐えられないが、遮光しておけば(日陰なら)40~45℃を耐える。暑さ対策で室内に入れる場合は、直射日光が最低4時間浴びられるところで風通しをよくしておく。

他の多肉植物に比べると蒸れたり腐りにくいものの、暑い日に水やりすると根が煮えてあっという間に枯れてしまうことがある。水やりはしわがよるまで待つくらい、少なめにしたほうが安全。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越しアエオニウムは寒さにやや弱く最低越冬温度は0~3℃、この気温を下回ってすぐ枯れることはないが、株が傷んだりせっかくの生育期なのに寒すぎると生育も鈍るので、できれば3℃を下回らないようにする。

多肉植物は体の水分が少ないと耐寒性があがる性質がある。そのため寒さが厳しい間は、水やりは少なめにしておくのが安全で、うっかり0℃を下回ってしまった夜も土と株が乾いていたら無事のこともある。気温の低い夜、強い寒風に当たると枯れてしまうことがある。

簡易ビニール温室は寒風を避けられるのである程度の寒さ対策効果があるが、発熱効果はなく中の温度は外と同じになってしまう。簡易ビニール温室がない場合、プチプチシートや不織布シートで覆うこともないよりはマシになる。

冬場に0℃を下回る寒冷地や寒波の時は室内に取り込むが、最低1日4時間日の当たるところで、湿度40%以上を保ち、15℃以下(理想は5~10℃程度)の室温が保てるところに置きたい。冬に暖かい室内で日光不足、過湿が重なると徒長してヒョロヒョロになってしまうので、大変だができるだけ暖かい日は外に出すなど工夫したい。

殖やし方

殖やし方アエオニウムは挿し木、株分けで殖やすことが出来る。葉挿しはできない。

適期は生育期のうち気温が10℃~25℃の間。10~12月、2~4月が適期で10℃を下回る真冬と夏は失敗しやすい。作業開始が遅れて真夏や厳冬にずれないよう、季節が来たらすぐ繁殖作業をする。アエオニウムの繁殖難易度はやや難しめで、発根が遅いこととやや根が出づらい。しかし適期にきちんと手順を踏めば成功率はあがる。

挿し芽の方法:

アエオニウムに一般的なのが「さし芽」さし芽は挿し木ともいい、枝を切り取ってそこから殖やすことをいう。やり方は親株の茎を5cmほど切り取り、数日切り口を乾かす。その後用土に挿して1週間後から水やりを始める。この間は明るい日陰で管理し、直射日光は当てないようにする。切り取った親株からは、2ヶ月後くらいに脇芽が吹くことが多いので棒状になってしまった親株も捨てずに育てる。

植え替え

植え替えをするとその後の生育がよくなるので、植え替えのベストな時期は生育期前になる。休眠期は控える。植え替え時は根へのダメージを減らすため、4~5日水やりを控えて土を乾燥させておく。

株を鉢から抜き出したら枯れた下葉や茶色く枯れている根などを取り除く。白い根は生きているので大事にする。植え替えの時、根を三分の一程度切り落とし、新しい根を生えさせるようにすると生育がよくなる。根を切っているので株は数日乾かして、それから植え直す。植えて4~5日たったら水やりを再開する。

植え替え作業は一見不要な作業に思われるが、健康に生育するためにはとても重要で、古い土を新しくする、土に空気を混ぜ込む、根の整理をする、害虫を見つけるなどの役割がある。アエオニウムはそれほど繁殖が旺盛ではないので、3号鉢(口径9cm)までは年に1回ほどでよい。

土と鉢

土土は市販の多肉植物・サボテン用の土を用意するか、自分で混ぜ合わせて作る。土選びのポイントは、排水性がよいこと、通気性がよいこと、できれば肥料が入っていないもの。逆に普通の園芸土のように保水性が高いもの、通気があまりよくないものはアエオニウムに向いていない。

自分で作る場合は、赤玉土や鹿沼土、改良用土(バーミキュライトやピートモス)などを混ぜ合わせて作る。ポイントはなるべく4種類以上の土を使うこと。土には酸性度や通気性などそれぞれ特徴があるので、バランスを整えるためには1種類より複数種類のほうがよい。

(例)赤玉土1:腐葉土1:鹿沼土1
(例)赤玉土3:ピートモス3:ボラ土2:鹿沼土1:川砂1:くん炭1

鉢はその苗にちょうど良い大きさのものに植える。大きすぎる鉢は植物に対して鉢が大きすぎ、水が滞りやすく根腐れや通気不足の原因になってしまう。

鉢はプラスチック鉢と陶器の鉢があるが、それぞれ性質が大きく違い、水はけ、水やり頻度や株の育ち方に差が出る。陶器の鉢はやや難しいので、初めて育てる場合は管理しやすい小型のプラスチック鉢(プレステラ90など)がおすすめ。

肥料

肥料アエオニウムは基本的には肥料をやらなくても育つ。しかし赤玉土やピートモスなど無機質な土を使っている関係もあって、多肉植物は微量要素が不足してくることがある。そんな場合は肥料として補わないといけない。また生育がよく大きく育つためにも与えると良い。

肥料を与える場合は、4~5月と9~10月に薄めた液肥を月1回程度与える。また植え替え時に土に細粒の緩効性肥料を混ぜ込んでおくとよい。アエオニウムはもともと肥沃でない土で育つものなので、基本的には肥料がいらない。むしろ肥料のやりすぎは徒長や肥料焼けなどの副作用を起こすため、普通の草花の半分程度に抑えておいたほうが安全である。

病害虫

病害虫多肉植物の中では病害虫に強いが、高温時期に雨ざらしにすると軟腐病など腐敗菌がついてしまうことがある。カビ病(うどんこ病やさび病など)はかかりにくいようである。アエオニウムは乾燥させて育てているためか、葉の付け根にワタムシが付きやすい。そのため時々チェックして発見したらつまみ出したあと、殺虫剤を撒いておく。

アエオニウムによくあるトラブル

    黒っぽさやピンクの紅葉が薄くなってきた・・・日光不足のサインなのでもう少し日に当ててみる
  • 葉と葉の間隔がのびて長くなった・・・水のやり過ぎや日光不足のサインなので、水を控え日に当ててみる
  • 下の方の葉がカリカリ枯れて落ちていく・・・これはアエオニウムの生理現象で病気などではない。カビの原因にならないよう、枯れた葉は摘んでおくとよい。
  • 冬が近づいてくると黒法師などの葉が伸びて乱れてくる・・・これもアエオニウムの正常な姿なのでまた春になると葉と葉の間が締まってくる
  1. 年間を通して特に6月は通気をよく、雨ざらしは避ける
  2. 休眠期の6~9月は遮光して涼しく過ごさせる
  3. 夏の水やりはごく少量、秋冬春は乾いたらたっぷりと
  4. 冬3℃を切ったら室内か温室に
ワンポイント

  • 冬の徒長対策に日当たりを心がける
  • 夏の暑さや多湿が苦手で乾燥には強い
  • 大型に木立するものが多く数年かけて育て甲斐がある
  • 季節で紅葉や斑の色など葉の色が鮮やかに変わるので楽しめる
  • 花が咲いたらその株は枯れてしまう点に注意

コメント