スポンサーリンク

多肉植物の冬越し方法(寒さ対策)

冬越しとは

冬越し冬越しとは寒さに弱い多肉植物を枯らさずに越冬させる対策方法。多肉植物の多くは日本原産ではなく、南アフリカや北米など比較的暖かい地域で自生している。そのため日本の冬の寒さには弱く、何らかの対策をしないわけにはいかない。

もともと多肉植物は夏越しより冬越しのほうに重きを置かれていた。しかし最近では異常気象で暖かい地域に大寒波が襲ってきたり、寒冷地で暖かい日があったり、夏には東北でも夏越し対策が必要になったりと一様ではない。

多肉植物は冬型や夏型があるが、冬型にも寒さ対策は必要なのか?地域によってどんな対策の違いがあるのか?見ていきたい。

冬型にも寒さ対策は必要

冬型は冬を中心に秋から春にかけて成長するグループをいう。ここで考えてしまいがちなのが冬型は寒さに強いから冬が来ても大丈夫だと思ってしまうこと

冬型は「多肉植物の中では比較的冷涼な気候でよく生育する」という意味で「寒さに強い」という意味ではない。冬型の多肉植物は5~20℃程度で最も生育するので、それ以下になると生育も悪くなる。0℃以下になれば多くのグループは枯れてしまうか株がダメージを受けてしまう。そのため冬型の種類も3℃を切れば大体防寒対策が必要になる。むしろ冬が生育期なので低温(5~15℃程度)を保って生育しやすい環境を作ってやりたい。

種類ごとの耐寒性

多肉植物はおおむね寒さに弱いものが多いが、一部はマイナスにも耐えられるものがある。まず種類を見てみよう。

耐寒性が強いグループ(マイナス~0℃)

  • センペルビブム(センペルビウム)-5℃
  • オロスタキス -5℃
  • ロスラリア -5℃
耐寒性が中くらいの属(0℃~3℃)

エケベリア、グラプトペタルム、セダムの一部、コチレドン、アドロミスクス、、リトープス、ブラウンシア、オスクラリア、プレイオスピロス、オトンナ、クラッスラ、ダドレア、ハオルシアの一部、アガベの一部、サボテン科の一部

耐寒性が弱い属(3℃~5℃)
カランコエ、セロペキア、アロエ、ガステリア、アエオニウム、ポーチュラカリア、アナカンプセロス、ハオルシアの一部、セネシオ、パキフィツム、コノフィツム、アガベの一部、フェネストラリア、フォーカリア、チランジア 5℃、サボテン科の一部
耐寒性がとても弱い属(5℃以上)

  • スタペリア 8℃
  • フェルニア 5℃
  • サボテン科の一部 5℃
  • ユーフォルビア 5℃
  • コーデックス類(パキポディウムなど) 5℃~10℃

詳しくは種類別の耐寒性ページを参照

この表のとおり、センペルビブム、オロスタキス、ロスラリアで-5℃以上となっていてこの3つ以外のほとんどのグループは寒さ対策が必要になる

暖地と寒冷地

冬越し多肉植物を育てる場合、おおむね関東以南か関東以北に分けて考える。まず寒さの厳しい地域「寒冷地」は北海道、東北、信越地方を指す。「暖地」は九州や関西以南の雪があまり降らない地域、中間が関東地域となる。寒冷地では日中最高気温が5℃以下になってしまうので、温室管理が必須になってくる。寒冷地以外では、大寒波が来たり雪が降る日にだけ室内に取り込むことですむことが多い。

寒冷地では

寒冷地では、冬に5℃を下回り始めたら温室か室内への取り込みを始める。早いところでは11月頃からマイナスがちらつくが、温度計で測っておいて月に関係なく作業を開始する。室内では暖房を強くかけていない部屋で日が差すところを選ぶ。日中は窓辺に置いたほうがよいが、真夜中の窓辺は思いのほか寒くなるので、分厚いカーテンをひいたり段ボール箱をかぶせたり、部屋の真ん中に移動させたりする。室内では風通しを気をつけてカビや病気の発生を抑える。

冷暖房が効いている温室を用意できる場合は、昼間の温度の上がりすぎに気をつけ、暖かい時間に風通しをよくする。
フレームや簡易ビニール温室もないよりはマシで、寒風や雪などから守ってくれるが、夜間の保温効果はないので注意する。

暖地では

暖地ではほとんど一冬に数回雪が降るか降らないかでマイナスには滅多にならない。そんな場所ではマイナスになりそうな日や寒波が予想され去るときに室内に一時的に取り込むくらいで済むことが多い。しかし温度計を設置していないと寒い夜、うっかり凍らせて枯らしてしまうこともあるので、天気予報は毎日チェックしておいたほうがよい。またカランコエ、アデニウム、パキポディウムような寒さに弱い種類は室内に取り込んでおいた方が安全。

関東付近では

最近は暖冬傾向にあり、関東付近でも暖地のように戸外で育てられることも増えている。だがマイナスになりそうな日や寒気が強い場合は室内に取り込む。関東付近でも同様に寒さに弱い種類は早めに室内や温室に取り込む。

外で管理する

具体的に外で管理する方法を見ていこう

屋外で育てる場合

  • 霜に当てない
  • 凍結させない
  • 水やりを極力減らす
  • プチプチや不織布シートで覆う
  • 簡易ビニール温室に入れる
霜に当てない
凍結させない

センペルビウムやオロスタキスなど一部を除いて霜に当てない、凍結させない、寒風に当てないことが大切。これは外で育てる場合の基本。

エケベリアやグラプトペタルムなど耐寒性が中~弱いグループは夜に凍結させてしまったり、霜に当てたりすると腐って枯れがちになる。

水やりを極力減らす

しかし寒さで紅葉する種類も多いのでやたらと室内に入れたくはない。なるべくぎりぎりまで外で栽培したい場合はどうしたらよいだろうか?

実は水やりを極力減らし植物体内の水分が減るようにすると耐寒性が上がる。秋の終わりから水やりを減らせば通常の越冬最低気温より低くても枯れずに済むことがある。逆に水をたくさんやっている状態で寒くなると凍りやすい。水の量が耐寒性に強く相関するので夏型のグループはもちろんのこと、リトープスのような冬型の多肉植物も、水やりのしすぎには十分注意したい。

またセンペルビウム属など耐寒性が強い植物は暖かいところに取り込むと、逆に腐ったり徒長したりするので充分寒さに当てる

プチプチや不織布シートで覆う

梱包材であるプチプチ(エアキャップ)や不織布シートで覆うことはある程度、寒さ対策になる。プチプチでくるんだり、不織布シートをべたがけしたり覆ったりすることで、寒風が直接あたるのを避ける、雪よけになる、地表近くの場合は地面の保温効果を保てる、といった効果がある。

簡易ビニール温室に入れる

簡易ビニール温室はそれ自体に暖房機能はないので、発熱効果はないものの、多肉植物をそのまま露地栽培するよりずっとよい。まず寒風が当たるのを防ぐ効果があり、雪や冷たい雨がかかるのを防いだりできる。ただ保温効果はほとんど期待できないので、マイナス1℃以下になる地域では、そのままでは越冬できない。

室内や温室で管理する

  • とにかく日に当てる
  • 風通しをよくする
  • 水やりを控える
  • 暖房を控えめに(乾燥と暖かさ)
  • ビニール温室の効果
  • 温度・湿度の計測を
  • できれば型ごとにわける
とにかく日に当てる

室内は日照不足になりがちで、一番のポイントは日に当てること。多肉植物を室内で育てる場合、一日最低4時間以上日が当たるところでないと栽培は難しい。日が当たらないと徒長したり葉の色が悪くなったりするので、できれば暖かい日は外に出して日に当てたい。

風通しをよくする

室内は外より風通しが悪く、夏より腐りにくい時期ながらも根腐れを起こしてしまいやすい。リトープスの実生などはたった一日でカビさせたり溶けて全滅させてしまうこともあるので、暖かい日は窓を少し開けて風が通るようにする。暖房のあるビニール温室でも閉め切っていると風が滞るので時々空気の入れ換えをする。

水やりを控える

外に置く場合と同じく、室内も冬場はできるだけ水やりを減らす。室内で暖かく水やりを多くすると茎だけひょろ長くなる徒長が起こりやすくなる。冬型のグループはそれほど水やりを減らさなくて良いが、夏型は休眠中なので断水ぎみにする。

暖房を控えめに

多肉植物にとって冬の気温は8~20℃程度に保つのがのぞましい。やむを得ず室内に入れる場合も、多肉植物を置く部屋は強い暖房はかけたくない。室温が高すぎになってしまう上に、乾燥が強い冬に暖房をかけると乾燥がもっとひどくなりハダニが湧いたり葉の水分が減りチリチリになってしまうことがある。どうしても暖房をつけた部屋に置く場合は、直接エアコンの風が当たらないところに置くか、加湿器で湿度を調節するか、葉水(葉に霧吹きで水を与える)をする。

簡易ビニール温室の効果

暖房設備のない簡易のビニール温室は昼間は外気以上に温度が上がるが、夜は外気とほとんど同じに冷え込んでしまう。そのため本格的に寒い寒冷地では効果が期待できない。ただ寒風を防ぐ効果はあるのでそのまま外に置くよりはいれて置いたほうがよい。またビニール温室はサイズが小さいものほど温度変化が激しくなるので、小型の簡易ビニール温室を使う場合は昼間の温度の上がりすぎに注意する。

温度・湿度の計測を

外、中、温室のどこで育てる場合も、温度計と湿度計は設置しておきたい。体感温度はあまり当てにならないのでやはり機械で測ったほうが正確になる。特に室内に置く場合は湿度が低くなりがちなので湿度計で測った方がよい。

できれば型ごとに分ける

もし可能であればの話だが、冷暖房付きのビニール温室が使えるなら、春秋型、冬型、夏型を別々の温室に入れて管理したい。それができない場合は簡易ビニール温室を区分けして使うか、グループ(属)ごとにかごを分けてまとめておき、室内に取り込みやすいようにするのも手の一つ。

コメント