こちらから文字サイズを変更できます

2020-11

多肉植物の育て方の基礎

多肉植物によく使われる基本用土と改良用土

様々な土がある 市販の多肉植物の土は種類が限られているが、自分でブレンドする場合、植える多肉植物に合わせて自由な組み合わせができる。メセン類はこの配合、エケベリアは別の配合がよい、など土作りは奥が深い。 それではどんな土があ...
2020.12.19
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物にとってよい土とは?

多肉植物にとって良い土の条件 多肉植物の土は難しい、普通の植物と違う土を使うという印象を持ちがちだが、実は多肉植物にとって良い土も普通の植物と基本は同じ。共通点は水はけと通気性がよく、保水性もあり、雑菌や害虫などがいないという点、これ...
2020.12.04
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の土の作り方(ブレンド方法や割合)

土作りの超基本 「多肉植物によく使われる基本用土と改良用土」ページで多肉植物によく使われる土の種類を確認してきたが、今度はそれを実際に選んで混ぜて土を作る方法を見ていきたい。 土作りの超基本は以下の3つ 数種類混ぜる 粒を揃...
2020.12.18
多肉植物の育て方の基礎

市販の多肉植物用土の選び方

多肉植物用の土ってどんな土? 多肉植物って土が難しい、普通の土ではだめだ、どんな土がよいのか、避けたほうがよい土があるとしたらどんなものか。など多肉植物を育てる上でまず悩むのが土選び。 多肉植物の土の準備方法は、自分でブレンドする方...
2020.12.18
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の夏越し方法(遮光・温度・暑さ対策)

夏越し対策とは? 夏越し対策は日本の真夏の猛暑を乗り切るための対策。多肉植物にとって湿気が多い環境は苦手だが、更に日本では酷暑ときて過ごすのが難しくなっている。特に40℃を超える日が出てくる最近の災害級の暑さで、冬越しより大変な事態になっ...
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の冬越し方法(寒さ対策)

冬越しとは 冬越しとは寒さに弱い多肉植物を枯らさずに越冬させる対策方法。多肉植物の多くは日本原産ではなく、南アフリカや北米など比較的暖かい地域で自生している。そのため日本の冬の寒さには弱く、何らかの対策をしないわけにはいかない。 も...
2020.12.29
多肉植物の育て方の基礎

梅雨時(6月)の多肉植物の育て方と注意点

梅雨は特殊な気候 雨が多い 気温が高い 湿度が高い 直射日光が強い 主に乾燥地帯に暮らしている多肉植物にとって、日本の梅雨時は特殊な気候にみえる。冒頭の通り「雨が多い」「気温が高い」「湿度が高い」そして6月の夏至は「直...
多肉植物の育て方の基礎

生育型別の多肉植物の特徴と育て方

多肉植物は管理を簡単にするため、生育型という分類に当てはめて育てる。 全部で3つあり、良く生育する温度と休眠する時期があると分かった。 春秋型 生育温度10℃~25℃ 日本では春と秋に生育し、夏と冬は生育が緩慢になったり...
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の置き場所の基礎(日光と風通し)

基本、室内では育てられない 多肉植物は室内で育てる印象があるが、実際のところは多くの種類が室内栽培できない。多肉植物は強いとはいえ植物なので、普通の植物と同じように日光不足だと光合成できずに弱り枯れてしまう。基本的には外で栽培し日光に良く...
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の水やりの基本(回数や量)

多肉植物も水やりが必要 多肉植物はあまり水が要らない、というイメージがあるが、実際は植物なので土が乾けばやはりたっぷりの水やりが必要。たっぷりの水といっても、普通の植物と同じ扱いをするとたちまち腐ってしまう。また根腐れを怖がっていつもチョ...
2020.11.25
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の育て方の超基本

このページでは、多肉植物の育て方の超基本である「水やり・日光・置き場所」を分かりやすく解説しています。
2020.11.25
Q&Aコーナー

多肉植物の葉挿しの成長速度は?写真で確認

多肉植物は葉挿しで増やすことができる。その場合どれくらいの成長速度なのか、種類ごとに写真で比較してみた。
Q&Aコーナー

多肉植物の鉢は必ず穴がないとだめなのか?

疑問 多肉植物を植える鉢は必ず穴がないとだめなのか。 疑問の答え 穴がない容器でも植えられる 水をやったら鉢を傾けて余分な水をこぼす 木製やブリキの鉢なら穴をあけられる 普通の鉢との違い 実は穴のない鉢...
Q&Aコーナー

プチプチ梱包材(エアキャップ)で多肉植物の寒さ対策はできる?効果を実証!

冬になれば多肉植物は寒さ対策が必要になる。商品の緩衝材として使われる通称「プチプチ」、エアキャップを多肉植物の棚(ビニール温室)に巻いたり覆ったりしたら効果があるだろうか?実際に試して温度を計測、効果を検証してみた。