2020-11

多肉植物の育て方の基礎

生育型別の多肉植物の特徴と育て方

多肉植物は管理を簡単にするため、生育型という分類に当てはめて育てる。 全部で3つあり、良く生育する温度と休眠する時期があると分かった。 春秋型 生育温度10℃~25℃ 日本では春と秋に生育し、夏と冬は生育が緩慢になったり...
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の置き場所の基礎(日光と風通し)

基本、室内では育てられない 多肉植物は室内で育てる印象があるが、実際のところは多くの種類が室内栽培できない。多肉植物は強いとはいえ植物なので、普通の植物と同じように日光不足だと光合成できずに弱り枯れてしまう。基本的には外で栽培し日光に良く...
その他

test

ol 水やりの6つの基本 葉に水をかけないこと 鉢の下から水が抜けるようにしておくこと ol 水やりの6つの基本 葉に水をかけないこと 鉢の下から水が抜けるようにしておくこと ol 水やりの6...
2020.11.24
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の水やりの基本(回数や量)

多肉植物も水やりが必要 多肉植物はあまり水が要らない、というイメージがあるが、実際は植物なので土が乾けばやはりたっぷりの水やりが必要。たっぷりの水といっても、普通の植物と同じ扱いをするとたちまち腐ってしまう。また根腐れを怖がっていつもチョ...
2020.11.25
多肉植物の育て方の基礎

多肉植物の育て方の超基本

このページでは、多肉植物の育て方の超基本である「水やり・日光・置き場所」を分かりやすく解説しています。
2020.11.25
Q&Aコーナー

多肉植物の葉挿しの成長速度は?写真で確認

多肉植物は葉挿しで増やすことができる。その場合どれくらいの成長速度なのか、種類ごとに写真で比較してみた。
Q&Aコーナー

多肉植物の鉢は必ず穴がないとだめなのか?

疑問 多肉植物を植える鉢は必ず穴がないとだめなのか。 疑問の答え 穴がない容器でも植えられる 水をやったら鉢を傾けて余分な水をこぼす 木製やブリキの鉢なら穴をあけられる 普通の鉢との違い 実は穴のない鉢...
Q&Aコーナー

プチプチ梱包材(エアキャップ)で多肉植物の寒さ対策はできる?効果を実証!

冬になれば多肉植物は寒さ対策が必要になる。商品の緩衝材として使われる通称「プチプチ」、エアキャップを多肉植物の棚(ビニール温室)に巻いたり覆ったりしたら効果があるだろうか?実際に試して温度を計測、効果を検証してみた。