スポンサーリンク

多肉植物の原産地-気温・降雨・自生している属

世界中に生息する多肉植物

実は多肉植物は南極以外の全部の大陸に自生している。どんなところに生息しているのかというと共通しているのが、「他の植物では住めないような場所」一口に乾燥地帯といっても、熱帯から寒帯、高い山や低い地域、砂漠周辺の地帯、雪の降るような寒い地域など。雨の降り方も様々で日本やアジアのよう季節によってはたくさんの雨が降る地域、雨は降らないが霧がかかり霧から水を得るような地域、雨は降るが傾斜ですぐに水が抜けてしまう場所など。

原産地域ごとの多肉植物の種類

次に地域(大陸)ごとに自生している主な多肉植物の種類や、雨や気温の状態、日照などを紹介する。

アフリカ大陸

多くの多肉植物が自生しているのがアフリカ大陸、その中でも南端の南部アフリカから東部アフリカがとくに多い。またインド洋からアフリカ大陸にかけてのマダガスカルやアラビア半島なども多肉植物の自生地になっている。

ケープタウン(南アフリカ共和国)は夏は温かく乾燥しているものの雨が降る。5~7月が一番雨が多く、月100mmほど雨が降る。また冬は涼しく夏よりかなり雨が少ない。また一年間通して風が強い。アンタナナリボ(マダガスカル)は12月~3月ごろは雨が比較的降り、月300mmほど降る。年間を通して気温が高い。

この地域ではユーフォルビア、クラッスラ、アロエ、ハオルシア、パキポディウム、リトープス、コノフィツムなどが自生している。

アメリカ大陸

アメリカ大陸にも北アメリカからメキシコ、南アメリカまでたくさんの多肉植物が自生している。

メキシコシティ(メキシコ)は一年を通しておだやかな気温で降雨のピークは7~8月で100~200mmほど降る。しかし11月~3月は雨が少なく10mmほどしか降らない。冬はとても乾燥していることがわかる。また南アメリカにも多肉植物が自生。サンティアゴ(チリ)の場合、雨のピークは6~7月だが100mmには達しない。12~3月の夏は非常に乾燥しており10mm以下の降雨量。夏は気温が35℃まであがり、冬は平均気温が10℃を下回る。

この地域では、共通してサボテンが自生しているほか、アガベやパキフィツム、エケベリアやダドレア、チランジアなどの原産地になっている。

ユーラシア大陸

ヨーロッパからアジア、日本にも多肉植物が自生している。

ローマ(イタリア)は夏の降水量が少なく7月は20mmほどまで減りとても乾燥する。しかし9~4月の冬季は平均的に50~100mmほどの雨が降る。ローマは日本と同じように年間を通して気温の上下差が大きく夏はかなり暑くなる。ヨーロッパではセンペルビブムやロスラリア、アエオニウムなどが原産地になっている。

アジアは広く、たくさんのベンケイソウ科の多肉植物が自生している。そのうち日本(東京都)では年間を通して降雨があるが冬は月50mm程度まで減る。6~9月は雨が多く100~200mmの雨が降る。日本や中国南部、東南アジアなどは高温多湿で冬と夏で気温差が激しい。アジア地域ではセダム属の万年草のたぐいやオロスタキス、アエオニウム、クラッスラなどが自生している。

オーストラリア大陸

オーストラリア大陸でも多肉植物が自生している。

コメント